家探し

家探し その3 条件

Pocket

 これは、基本的には旧ブログの過去記事の内容です。

これは、旧ブログの過去記事です。旧ブログはこちら→旧ブログ(楽天ブログ)

ただし、ここに合うように、少しスタイルを改変しています。
そして、少し書き加えたり、まとめたりした部分もあります。
なので、完全に旧ブログのままではありません。

変更前のブログをご覧になりたい方は、旧ブログへ。

 計画外の家探し

計画的に家を購入しようと思っていたわけではないし、
当然先立つものも用意しているわけではなく、
突然降って湧いたような話ですし、
何よりそんなに高い買い物をするのは初めてなので
この辺りの相場も知らず、きっと高いのだろうと思い込み、
中古物件を購入して、それに住めばいいや、と考えました。ということで、中古物件を物色し始めました。
 自分が住居に何を求めるか?
それでも、家を探すにあたっては、条件を考えないといけません。
自分が家に対して何を求めるのか、どこにこだわるのか。
今の家に住んで、良かった点・悪かった点を考えて、
そしてこの4年の仕事の在り方などを考えて、
自分が住居に対してどのように考えるかを検討し始めました。
 条件の検討
そんなこんなで、まずは条件をしっかり検討するところから始めました。
そして、自分の考えは次のようであることを整理しました。
1. 京都市であること。
現在は、京都の近郊の都市に住んでいます。
それはそれで便利なのですが、あくまで賃貸だから。
購入するなら、売却するときのことも考えて、
京都市にしておきたい、それが絶対条件だと考えました。2. JRと私鉄の2路線が使用可能な地域であること。
私は仕事で大阪に行くことが多いので、
大阪に出にくい場所はNGなのです。
JRの沿線に行くことも多いので、
JRと私鉄の2路線が使用可能な地域であることも絶対条件でした。
駅からの距離は、歩けることが望ましいですが、
だいたい自転車で移動するので、
自転車で行ける範囲ならOK、むしろ
急行や特急が止まる駅が最寄り駅であることが望ましいと思いました。
3. 戸建てであること。
犬がいて、荷物が多くて、楽器を演奏する(しかも夜練習する)となると
マンションは無理です。絶対に。
特に、本当に荷物が多いので、マンションの収納では絶対に入りません。
ということで、これも絶対条件です。
本当は、第一位かも、くらいの。4. 築浅であること。
中古物件でも全然良いのですが、
でも、一応、築浅が良いなあと。
というのも、一戸建ては老後に絶対に辛くなるので、
その時はきっとマンションに移るだろうと思っていて、
なので、ここで買うのは終の棲家ではないと考えています。いずれ売るなら、売れる条件にしておかないと、
と思うならば、やはり自分が買うのと同じくらいの条件にしないと。
今回私は築20年は絶対に超えない範囲で探しました。

できれば10年。できればもっと短く。
でも、中古物件は出物なので、
希望の地域にはこれと言った物件が多くなく、
仕方がなく徐々に築年数を上げていきました。
それでも築20年は超えないことが絶対条件でした。

結局はそれがネックになって、別な方向に向かうのですけれど。

長くなるので、一旦切ります。
************************************
ブログ村に参加しています。 よろしければクリック応援お願いします!
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建住宅(施主)へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です