家購入

瑕疵物件ではない?

Pocket

家の打ち合わせや問い合わせが架橋に入っていて、
毎日何件も電話が入ります。
携帯のバッテリーのモチがものすごく悪いので、
いつも切れないか心配です…。
携帯買い替えたい……。

 不動産会社の担当者と交渉

さて、家購入話の続きです。

候補地とモデルハウスを見に行き、不動産屋に戻り、
担当者のAさん、Bさんと交渉中。
いろいろ聞いていきます。

この物件が安い理由として、瑕疵物件とかいうことはありますか?

Aさん
いいえ、それはありません。瑕疵物件は告示義務がありますから。

ということでした。

 瑕疵物件とは

家ブログですから、ご存知の方も多いと思いますが、一応説明を。

瑕疵物件。「かしぶっけん」と読みます。

瑕疵物件とは、物理的、法的、環境的、心理的に、何らかの瑕疵(欠陥)がある物件のことをいいます。

物理的瑕疵物件とは、土地に関する欠陥と、建物に対する欠陥のことを言い言います。
土地の場合は、土壌汚染、地盤沈下、地中埋蔵物など、土地に何らかの重大な欠陥があることを差します。
建物の場合は、雨漏り、ひび割れ、アスベスト、床下浸水など、建物に何らかの重大な欠陥があることを差します。
新築の場合、建物に対する瑕疵はないので、土地に関する瑕疵を差します。

法的瑕疵物件とは、法律で規制されて自由にならない物件のことを言います。
都市計画法による制限、建築基準法に触れる物件、消防法に触れる物件などです。
市街化調整区域(開発行為が認められない地域、農業地など)や、面した道路が狭くて建替えが認められない土地などもこれに当たります。
4mに満たない道路に面している場合、建替えが認められないので、
セットバックといって、自分の土地を道路に提供して道路を確保し建てることが行われますが、
それはようするに、土地が狭くなるのと同じことですね。
これをしなければならない場合は、最初から条件に記載されている、ということです。

環境的瑕疵物件とは、騒音、振動、悪臭、日照など、環境的に何らかの欠陥があることを言います。
電車や国道沿いなどで、騒音や振動が常時発生したり、ゴミなどの悪臭が常時あったり、
高層マンションにより日照が阻害されるなどです。

心理的瑕疵物件とは、一般的に事故物件、いわくつき物件と呼ばれるもので、
自殺、他殺、事故、火災などが発生した家や土地などが一般的に該当します。
その他、心霊スポットや暴力団の事務所が付近にあるとか、パチンコ店などの騒音、
葬儀場や墓地、産業廃棄物処理場など、嫌悪施設がある場合も心理境的瑕疵物件とされます。

これらは、事前に告知しないといけないことになっているそうで、
たしかに賃貸物件などを見ていると、「心理的瑕疵物件」と書いてあるものがあります。

 購入するか・しないか

さて、ここまで、土地に関する質問もして、状況がわかりました。
あとは、これで納得して購入するか・しないかの選択ということになります。

ワタクシ的には、他に条件・予算に見合う物件がないこともあって、
ほぼここが唯一の候補地になっていたので、
土地の状況を聞いても、まあ、納得できるものではありました。

これで、ここをやめたら、イチから探し直しです。
しかも、おそらく私の条件に見合う物件はそうそう出てこないでしょう。
2週間強物件を見続けて、新しい物件はそんなにたくさん出てこないことも確認していました。

ここをやめたら、4月転居は無理そうだな。
どんどん遅れていくと、それだけ家賃もかかるし、
何より4月を過ぎたら仕事が忙しくて、また冬までこんなことしていられないな。

………考えていると、Aさんが動きました!

つづく

************************************
ブログ村に参加しています。 よろしければクリック応援お願いします!
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建住宅(施主)へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です