引越し関係

引越業界の現状

Pocket

昨日、ようやく決済日が決定しました。

3月27日という話で進んでいたのですが、
結局3月30日になりました。

でも引き渡しは4月5日という…(´・ω・`)

なんというか、これからいろいろ書いていきますが、
家を買ったことは全く後悔していないし、楽しみなのですが、
工務店&不動産屋さんがアレで、ネタか!?と思うほどいろいろありまくり。

本当に3月30日で決済ができるのか、不安です。

それでも本当なら、あと17日!カウントダウン、していきたいと思いますw。

 見積一括サイトのお返事

旧ブログで少し書いていたので、話が前後しますが、引越について先に書いています。
昨日は、引越の見積一括サイト3ヶ所から見積を取ってみた、という話でした。
記事はこちら→引越業者 見積大会 その1 一括サイトで見積!

一括サイトで見積を取ったところ、件数は違うものの、
大手3社は一緒。あとは、ポロポロと。あ、大手あと1社もありました、一応。

私が一括サイトで見積依頼した時期は1月31日の夜。

即、翌朝からガンガン電話がかかってきました。
でも、電話をかけてくるのは、大手のみ。

地元系&中小系は、メールでのお返事か、
メールすらなく、無視状態でした。

まあ、繁忙期ですから、仕方がないのかもしれませんが、
せめて1通くらいメールをくれてもいいのでは?と思いました。

かなり印象悪いです。ヽ(`Д´)ノプンプン

 引越業界の変化

私は、転勤族ではないので、引越回数は決して多い方ではありません。

が、遠距離引越はこれまで4回経験しています。
近場の引越はそれプラス3回。

直近の引越は、約4年前の秋田から京都まで、超遠距離引越でした。

4年前ならそれほど大昔というわけではないし、
ほどほど状況もわかっているつもりでしたが。

この4年で、引越業界は大きく変わっていました。びっくりしました。

 人手不足で価格高騰

そういえば、宅急便業界も人手不足で値上げしましたよね。

宅急便は普通によく使うツールですから、
値段が上がったときにはかなり話題になりましたし、
痛手も被ったので、記憶に新しいです。

でも、引越業界は、引っ越さないと使わないので、
全然関心がなかったこともあり、話題も目に付きませんでした。

しかし、引越もまた、宅急便と同様、物流です。

宅急便の人手不足や労働環境に関する指導が入ったことで
引越業界もまた、連鎖的に人手不足になったのだそうです。

そして、引越もまた、価格が値上がっていました。

それも、高騰と言っていいほど、値上がっていました…。

 

 超繁忙期の設定

そもそも、3月は年度末で、学生も社会人も移動が多いので、
1年で一番忙しい時期、超繁忙期ですね。

それは、私も認識していたのですが。

少なくとも4年前は、4月2週に入れば、一段落して、
通常価格に戻ったのですが。

現在は、4月になってから辞令が出て、
翌週に転勤なんてこともあるようで、

ゴールデンウィークが終わるまでは繁忙期なのだそうです。

ご存知でしたか?

私が設定していた4月の中旬は、
もう中旬だし大丈夫だろうと思っていたのですが。

バッチリ繁忙期の真っ只中だったわけです(-_-;)

人手不足+労働環境の是正(長時間労働の撤廃)+ガソリンの高騰で
とんでもないことになっていました。

詳細は次回~。

 

 

************************************
ブログ村に参加しています。 よろしければクリック応援お願いします!
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建住宅(施主)へ
にほんブログ村

引越業界の現状”への1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です