お金関係

完全契約までの道のり1 銀行の選択

Pocket

昨日はなんとか電気屋さんと大工さんが来て
作業が行われましたが、まだ大工仕事、終わっていません。
大工仕事が終わらないと、クロスも電気も水回り設置もできないのに。

そして、今日は大工さんは来ないそうです。
理由は、建材が来ないから、だそうで。
しかも、納品されていたドアは間違っていました。
また発注し直し!?さらに遅れるの!?

建材屋~~~~!ヽ(`Д´)ノプンプン

決済まであと15日。本当に心配…。

 契約はしたけれど…

さて、契約書は交わしたけれど、まだ完全な契約ではないという話を
少し前に書きました。 こちら→完全な契約

そう、ローンが通らないと家は買えないので、
ローンが通るまでは、正式な契約状態ではないのです。

ということで、私の場合、契約書に印紙も貼りませんでした。

で、1ヶ月以内にローンの目処を付けることが契約の条件に挙げられていたので、
早速ローンを検討し始めました。

 不動産屋の融資斡旋

前回書いたように、ローンは人それぞれ事情が違うので、
自分で探す人、不動産会社に斡旋を頼む人、それぞれです。

うちの不動産会社も、斡旋はしてくれました。

一応、申込書を書いても、正式に契約しなければ
斡旋料は発生しないと言うので、私も申込だけはしてみました。

うちの場合、地元の地銀、信用金庫と、別な都道府県の地銀の3行でした。

でもこれは、私にとっては、あくまでも仮押さえ。

実際は、斡旋料に10万も払いたくなかったので、自分で探しました。

 地銀?都市銀?ネット銀行?

さて、自分で探すと言っても、銀行も山程あります。

普段、お給料などが振り込まれるところが、信頼もあって便利かもしれませんが、
私は京都が出身ではないので、あまり京都の地銀に馴染みがありません。
(というか、都市銀に比べていろいろ手数料が高いので、あまり良い印象がありません)
むしろ、若いときから使っている都市銀の方が馴染みがありました。
あるいは、ゆうちょ銀行か。でもゆうちょ銀行は住宅ローンは扱っていません。

ネット銀行も、何行か口座を開設しています。

これらもちょこちょこ使ってはいるので、馴染みもありますし、
それに対する恐怖や嫌悪感は、私はありませんでした。

ということで、ネット銀行と都市銀を中心に、情報を集めました。

 都市銀とネット銀行の比較 私の場合

都市銀は悪くないのですが、窓口に行って相談するのが
ちょっと面倒くさい&どう転ぶかわからないのに最初から対面はちょっと抵抗が…。
それに、ここは京都。
地方は、都市銀は設置できる支店数が決まっているとかで、
烏丸などに行かないとなりません。それもちょい面倒くさい。

一方、ネット銀行は、ネットさえ繋がっていれば手続きできます。
つまり、行くテマヒマもかからず、対面でもないので、気が楽。

そして、たぶんこのページにもときどき広告が出ていると思いますが、
ネット銀行系は圧倒的に金利が安いです。
また、繰り上げ返済も1円から手数料なしで、など、メリットが大きい感じです。
もちろん、銀行としての信頼度も重要かもしれませんが、
けっこう普通に都市銀がバックについていたりするので、それほど心配もありません。

団信といって、団体信用生命保険もある程度有効なので、
私はネット銀行系に魅力を感じました。

そして、もう一つ。
仮審査の申込みが、ネット銀行系の方が圧倒的に簡単でした。
本当に楽な銀行は、書類を用意する必要もなく、仮審査がものの数分で終わることも。
状況が把握しやすいところ、全てにおいて迅速に進むところもメリットの1つかと。

ということで、私はネット銀行を中心に、仮審査をしてみることにしました。

つづく。

 

************************************
ブログ村に参加しています。 よろしければクリック応援お願いします!
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建住宅(施主)へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です