お金関係

完全契約までの道のり3 ローンの種類 固定金利と変動金利

Pocket

今日、夕方に現場に行ったら、
既に大工さん、いませんでしたヾ(。>﹏<。)ノ゙
電話したら終わったって言ってたけれど、
一昨日、材料入ってないって言ってたのに、
本当に終わったの~~~!?
本当に間違いない~~~!?

もう中に入れなかったので、めちゃ心配で、
不動産屋に電話しちゃいました。
明日の午後、不動産屋の担当者と一緒に
中のチェックします。

 (期間限定)固定金利

さて、ローンの話の続きを。
一般的な話しなので、さっさと終わらせたいですが、
説明始めると長いな、私(-_-;)

前回は、フラット35(フラット20)の話しでした。
フラット35の話はこちら→完全契約までの道のり2 銀行の選択&ローンの種類 フラット35

正直、フラット35は金利が高いので、
この低金利の時代に、これを借りるのは私的にはちょっと…と思い、
次のものを検討し始めました。

で、次に出てきたのが、固定金利と変動金利。

実は、不動産屋が斡旋してくれた銀行は、
固定金利プランだったのです。

で、じゃあ、固定金利って何?と調べました。

固定金利とは、◯年固定という書き方がしてあって、
その年数までは低金利にしますよ、という商品です。
期間限定型固定金利と言われます。

フラット35も、ずっと最後まで固定金利という意味では、
固定金利の商品ですね。
でも最後まで金利が変わらないというのがフラット35です。

それ以外の固定金利は、2年とか5年とか10年とか、
家を購入した当初、いろいろお金がかかる時期は金利を押えて、
それ以降に変動金利になるというものです。
終わった段階で再び固定金利にすることもできる銀行やプランもあるようですが、
基本的に固定が終わった後、その時の金利に戻るので、
金利が上がっていた場合、返済額が急激に上がる可能性があります。

そして、この期間限定型固定金利は、
変動金利に比べてそれほど金利が低くはありません。
それともう1点、変動金利は、金利が上がっても、
急激に上がることはないのですが、
固定金利はその制約がないので、ガン!と上る可能性があります。

まあ、フラット35と変動金利の間という感じですね。

 変動金利

では一方変動金利は、というと。

これは、全期間、金利が変動するというものです。
半年で金利が更新されるので、常に金利の状況を見守らなければなりません。
よく◯月の金利は◇%です、と書いてあったりしますが、
借りたところから半年ごとに見直されて、その時の金利が
次の半年間適用されるのが、変動金利です。

これは、もちろん、そのタイミングで金利が上る可能性があるという危険が
常につきまといます。

ただし、金利が上がったとしても、変動金利の場合は、
直前の毎月返済額の1.25倍しか引き上げてはいけないという規制があるため、
ものすごくガン!とあがることはありません。
上がるとすれば、ジワジワと来ます。

そして、ここ10年ほど、金利は低迷し、ほとんど上がっていない状況のようです。
これから先、いつ頃上がっていくのかは全くわかりませんが、
急に景気が良くなって、金利も…という世の中は…私にはなかなか想像できません(^_^;)

現在、ネット銀行系では、0.5%を切っているところが何行もあります。

 結局のところ、どれくらい?

ということで、3パターン、フラット35、期間限定固定金利、変動金利とみてきましたが。

結局のところ、いま、どれくらいなの?と思う方もいらっしゃると思うので。

2018年2月段階で、私が調べた金利を書いておきます。

フラット35…1.36%程度(フラット20で1.29%)
期間固定金利 2年型…0.4~1.1%程度、
5年型…0.5~1.2%程度、
10年型…0.64~1.2%程度
変動金利…0.457%~

こんな感じです。言うまでもなく、変動金利が一番安いです。
そして、期間固定型金利は、2年とかは低いですが、リスクが大きすぎで、
10年だとまあ、程々ですが、やはり10年後の金利の見通しが不明なので…
かといってフラット35は、変動金利と比べると、ちょっと高すぎ、と私は感じました。
ところで、この固定金利型は、期間限定にしてもフラットにしても、
借りた時点の金利が適用になるので、それより金利が下がっても下げてはくれません。
つまり、1.2%で借りた人は、世の中金利が下がって固定金利型でも0.8%とかになったとしても
その金利に変えてもらえることはない、ということです。
つまり、金利が高くなると低い金利が続くのでお得だけれど、
金利が下がっても高い金利を払い続けなければならず損をする、というのが固定金利型ということです。

常に変動するのを気にしながら、でも現在の低金利の恩恵に授かるのか、
危険を回避するために、多少高くても安心・安定感を買うつもりで全期間固定にするか、
最初はお金がいろいろかかるので、低いほうが良いし、
でもずっと高い金利はねえ~、金利、上がりそうにないしねえ~と判断して期間限定型にするか。

どれも一長一短。メリット、デメリットがあります。
そして、それをどう考えるかは、人それぞれ。

私は、というと、いろいろ考えた結果、変動金利にしました。
金利がずっと横ばいなので、現在の社会状況も考えると、
急激に上がることは無いだろうということ、
上がっていったとしても1.25倍の法則で、すぐに急激にはあがらないこと、
その間に対処しようと思えばできるだろうと思うこと、
繰り上げ返済をして、定年までに払い終わらないとと思っていること、
などが決め手になった理由です。

頑張って繰り上げ返済していかなければ!!

どのような経緯で、どこの銀行を選んだのかは、次回~。(^_-)-☆

 

************************************
ブログ村に参加しています。 よろしければクリック応援お願いします!
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建住宅(施主)へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です