間取り

間取り公開! 3階部分

Pocket

今日、桜並木を通りかかったら、1本、もう満開になっていました!

あっという間ですね~。

引き渡しの頃にはあちこち満開なのかな。
京都は街中の桜も、とても風情があって綺麗ですよ(^_-)-☆。

さて、間取りもいよいよラスト、3階に入ります。
1階と2階はこちらからどうぞ。

 

間取り紹介 3階部分

3階部分の公開です!

3階は洋室が2部屋です。北側(左側)の洋室2は主寝室、
南側(右側)の洋室3はゲストルームの予定です。

主寝室は8.5畳。ウォークインクローゼットはありませんが、
大きなクローゼットが付いています。
ウォークインクローゼットは通路分がデッドスペースになるので
むしろクローゼットが分けて付いているのは
狭小住宅には向いているのではないかと思います。

そしてこの部屋には、不動産会社もちオプションで屋根裏収納庫が付いています。

うちは片流れ屋根ですし、もともと付いていない収納庫を無理に開けてもらったので
高さは70センチくらいしかないと言われました(´・ω・`)

それでも収納があるのとないのでは大違いなので、
付けてもらいました。多分7~8畳分くらいあるということです。

南側のゲストルームは、7.5畳。

南西角の3階なので、とても明るく見通しが良いです。
そしてここにも、階段裏の変な形の場所があります(^_^;)。

ここはサイズを測りそこねてちょっとコンセントで失敗しましたが、
まあ、とりあえずなんとかします。

3階のテラスも変形。でもちょっと広いです。

私は洗濯物の乾燥はガス乾燥機で行い、外に干さないので、
ここは、ガーデニングスペースになる予定。

 

狭小地の狭小住宅

ということで、間取り全てを紹介し終わりました。

狭い土地に無理やり建てた変形の狭小住宅ですが、
3LDKで延べ床面積は105平米。
さすが一級建築士、建売の割に、間取りはよく考えられていて、
必要なものはちゃんと備わっており、かつ
廊下などの無駄なスペースがほとんどありません。

変な形も活かせるという良い例なのだなあと思って
この間取り、とても気に入っています。(*^^*)

そして、内装関係を自由に選べたため、
中もかなり好みに仕上がりました!

ショールームの話がまだ途中なのですが、
それが終わったら、徐々に建設の話しとともに紹介していきます!

次回はショールーム2回目訪問の話しに戻ります~。

 

目に焼き付けた、貴重な光景

最後に。

建築途中じゃないと見られない、そして3階建てじゃないと見られない、
ちょっと珍しい光景。
1階から3階の天井までを見上げた写真。

階段が付く前じゃないと見られない、貴重な光景を、
建て進むワクワク感とともに、しっかりと目に焼き付けておきました。

************************************
ブログ村に参加しています。 よろしければクリック応援お願いします!
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建住宅(施主)へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です