キッチン, ショールーム

LIXILのカップボード

Pocket

今朝書いた、洗面所のドアが付いていなかった件。
朝、打合せをしてきました。
曰く、どこかのミスで、引き戸の建材が、大工さんが作業している間に届かなかったので
大工さんは作業ができず、その他の部材を洗面所に置いたまま、作業を終えた。

洗面台を取り付ける設備屋さんは、引き戸のレールが付いていなかったので
そこに引き戸が付くことに気が付かず、洗面台を設置してしまった。

ということだそうです。(´・ω・`)

ミスが多すぎ!!ヽ(`Д´)ノプンプン

建材は明日には届くので、明日~明後日でドアを取り付け、
その後洗面台を取り付けるそうです。

ってか、ここ、開き戸の方がスマートだと思うのだけれど…(´・ω・`)

まあ、仕方がない。もうドアが付くだけでヨシとすべきなのでしょう。( _ _ )……….o

 

LIXILショールーム訪問 2回目 追加!

さて、気を取り直して、とっととショールーム話を終わらせましょう!

前回LIXILのショールームでいろいろ決めてきた話を書きましたが。

もう一つ、重大な追加を忘れていました!

それは、キッチンのウォールキャビネット&収納ユニットです。
いわゆる、システムキッチンの裏側に付いているヤツですね。

あ、うちはI型の対面キッチンです。
対面にして何かを見ておくべき家族はいないのですけれどね(^_^;)
あ、ワンがいました、ワンが!(笑)

さて、気を取り直して、いわゆるカップボード。

(LIXILのカタログからスクリーンショットでお借りしました)

たっかいですよね!!!(>-<)
LIXILで揃えると高いですが、キッチンと揃うし、
IKEAやニトリなどで買っても結局結構するので、LIXILで揃えることにしました。
(でも、対面キッチンだと、キッチン側のパネルはLDには見えないので、
揃えなくてもいいんじゃ…とはちらっと思いました)

ちなみに、キッチンが2250なので、冷蔵庫分を除いて、
このカップボードはキッチンの端と揃えると1650になるとのことで、
その形で揃えることにしました。
キャビネット類は、1200,1050,900,750,600,450,300の幅なので
1650になるように組み合わせるということです。

ウォールキャビネット

さて、↑の①、ウォールキャビネット、いわゆる上吊り棚から。

ウチはキッチンが先程書いたように対面型で、
ウチの工務店は対面型の場合、上吊り棚は付けないのが標準らしいです。
で、付けたいならオプションで後ろの壁につけろとのことでした。
モデルハウスには後ろの壁に上吊り棚だけ付いていたので、
てっきり標準仕様だと思っていたのですけれどね…。(´・ω・`)

そして、ウチは、その壁に小さな腰高窓があるので真ん中を塞げないというオプション付きでした。

ということで、ガラスが付いたカップボードっぽいものは設置できず。
普通の↑のタイプのものを選択せざるを得ませんでした。

でも、それでもいろいろ種類がありまして。
まずはウォールキャビネット。

まあ、これはそんなにたくさん種類があるわけではなく、高さと幅とタイプを選ぶだけでした。
で、私はチビなので、天井近くに左側のようなガラスの入ったカップボードを設置しても
全く届かなくて活かしきれないことは明白だったので、普通の上吊り棚を選択。
すると、図面を見て、何センチのモノが良いのかを自動的に選択してくれました。
ウチの場合は700mmでした。

 

フロアユニット

次にフロアユニット。こっちが問題です。

まず990のハイタイプとキッチンと同じ高さ(私は違うけれど)の850があります。
当然ながら最初はハイタイプを勧められました。

ハイタイプだと、マルチスペースという、下がガランと開いている形のところに
ダストワゴンユニットを入れられるのです。これはちょっと惹かれました。
しかもダストボックスの上に家電収納が付けられるタイプもあります。
でも、この家電収納&ダストワゴンが何気に高い!
幅は600、750チ、900が選べるのですが、
最低600で、このユニット、89,000円もするんですよ!900に至っては10万超え!
ゴミ箱に10万は出せないよ!しかもスペース潰して!ってことで速攻却下。
何しろうちには、勝手口仕様のベランダがあるので、
ゴミはベランダに出すからいい!と思い切りました。
ちなみに、このダストワゴンはそれだけで47,000円だそうでーす。(´・ω・`)
普通のダストボックスにしか見えないのになあ…。台の値段!?

次は、家電収納単体タイプ。
炊飯器とかポットとか置けて便利ですよね。
しかも今は蒸気排出ユニットも付いていて、引き出さなくてもそのまま炊飯器が使えるそうですよ。
でも高い!!
下にダストワゴンを入れず、開き戸タイプにして、600で79,000円。
いやいやいやいや、高すぎるから!
しかも私、あまりご飯を炊かないし、焚く時は最近圧力鍋だし、
ウォーターサーバーを使っているのでポットも使わないし、
家電収納ユニット、いらなくない?それより収納でしょ!ってことで
家電収納ユニット自体却下。

で、ダストワゴンを考えなければハイタイプにする意味はあまりないので
(収納は増えますが、その分カウンターが高くなる)
普通の高さを選択。

最終選択と値段

で、もう単純に、スライドストッカーという名の引き出し3段のユニット、900幅と、
引き出しでは収まらないものを収納するための開き戸ユニット750を選択。
開き戸には上の1段引き出しもナシで、一番安いセットにしました(笑)
引き出しはキッチン側にも嫌というほどあるので、いらないでしょ、ってことで。

見積書に載せられていた、選択したサンプル画像。超シンプルですが…高っっ!!

ってことで、一番シンプルな収納タイプにしたわけですが。
それにカンター天板とか、エンドパネルとか取付工事費とか入って、
結局これだけで370,000万でした(@_@;)。
ダストワゴンとか家電収納とか選んでいたら50万コースでしたよ!!
もう一度言います。高っい!!!
これを入れたので、水回りだけで100万行ったのでした…。

そして、これで終わりではなく、次はPanasonicの建材が待っているのでした。(>-<)

その話は次に!

 

************************************
ブログ村に参加しています。 よろしければクリック応援お願いします!
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建住宅(施主)へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です