LDK, 建築中

ガス床暖房事件

Pocket

昨日も1日、朝から6時間ミーテイングの後、
ガス屋さんの衣類乾燥機の見積、
補修の対応などに追われました。

一応これで工事はおそらくほぼ終わったはずなのに、
全然終わった気がしないのは、
まだチェックが終わっていないからなのですが、
それも今日工務店と話しが食い違っていて
なんだかなあという感じでした(´・ω・`)

はあ、早く完全に終わらせて欲しい…

引き渡しから−7日&引越まであと6日!

フローリング事件の後

さて、フローリング事件の後、さすがにちょっと怖くなって
なるべく現場に行って進捗状況と内容をチェックするように心がけました。
お陰で大工さんとはとても仲良くなって、
いろいろ教えてもらうことができましたが(´・ω・`)
そんなことはないに越したことはないのです。

 

 

ガス床暖房

工事現場に日参するようになったある日、
大工さんが2階で作業をしていたので、
それを眺めながら、ちょこちょこ会話をしていました。

2階は前回書いたように、ガス床暖房が入っているのです。
標準は電気式でダイニング3畳、リビング3畳。
まずこれをガス式に変更するだけでオプション32万。

そして、LDKは18畳弱なので、
3畳+3畳だと入っていないところがあって、
歩くと暖かいところと冷たいところがあるってこと?
それはあまり気持ちよくないのでは?と思い、
リビングとダイニングにはほぼ全面的に入れてもらいました。

結果、4畳ほどを追加になり、ガス床暖房+追加分で
40万近いお金を払ったのです。

 

 

ガス床暖房って…

じつは、私は実家には床暖房はあったのですが、
電気式で、両親があまり好まずほとんど使ったことがなかった上、
実家を出てからの後の賃貸住居には床暖房がなかったので
床暖房の認識があまりなかったのです。

ということで、上記のように、全面にないと!と思ったのですが、
大工さんから結構(´・ω・`)な話を聞いたのでした。

 

 

ガス床暖房の性能

実は、新居のオプションとしてのガス床暖房の説明は次のようなものでした。

・ガス床暖房は電気式より早く温まり、室温も若干上げる。
・ガス床暖房は電気式よりランニングコストが安い。
・ガス床暖房を導入すると、ガス代も安くなる。
・ガス床暖房は電気式と比較して、4年位でもとが取れる。

確かに、電気式より温める性能が良いようです。
長い目で見れば、電気式よりガス式が良さそうですね。

 

 

大工さんとの会話

じゃあ、何が(´・ω・`)だったのかというと…

「ガス床暖房はめちゃくちゃ暖かいよ。
自分の友人のところはガス床暖房だけで、他の暖房機器はつけていなくても
Tシャツで過ごせるくらい暖かかったよ。」

そう、大絶賛だったのです。そこまでは全く問題なく、
むしろ40万近く出して導入してよかった!と思ったのです。
それは今も変わらないのですが…

「ここ、端の方までぴっしり入っていてビックリしたよ。
でもあっちの窓際まで入れるなら、そっちじゃなくてキッチンに入れたら良かったのに」

えええええ!?Σ(゚Д゚)

工務店の打ち合わせの人、めちゃガス床暖房押しだったのに、
そんなこと一言も言ってくれなかった!
こんなに追加して全面に貼ってるのに、
キッチンで迷っている時に、そんなオススメしてくれなかった(´;ω;`)

「キッチンって毎日2時間位立つでしょ?
窓際よりこっちだよね〜」

ううううう…(T_T)

言われれば言われるほどその通りですよ…。

どうしてあんなに目の前で考えているのに、
そういうこちらの立場にたったアドバイスがなかったんだろう。
しかも、そういうことは誰より知っていそうなのに。

もう床を貼ってしまったタイミングではどうにもなりませんよ…。

本当に残念すぎる…。せっかくガス床暖房施工したのに…。

そんな本当に(´・ω・`)な状況に陥っている時に、
更に追い打ちをかける衝撃的な一言が
大工さんの口から発せられたのでした。

続く。

 

 

 

************************************
ブログ村に参加しています。 よろしければクリック応援お願いします!
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建住宅(施主)へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です