LDK, 照明

ガスコンセント事件のその後と照明事件 その1

Pocket

昨日、100鉢近くのバラを2階のテラスから1階に下ろす作業をしたのですが、
一度に1〜2鉢しか持てないので、おそらく都合50往復くらいしたのです。
しかも、片手に5キロとかの鉢を持って。

ってことで、今日、腕も太ももも、盛大に筋肉痛です。
肩もパンパンで、頭痛もひどく、先程頭痛薬を飲もうと思ったら、
すでに薬をパッキングしてしまい、泣く泣く買いに走りました。
頭痛いのに…。゚(゚´Д`゚)゚。

そんなこんなで、引っ越しも架橋です。

 

ガスコンセント事件、その後

さて、前回のガスコンセント事件のその後から。

その内容はこちらを御覧ください。

さて、3階にガスコンセントが付いておらず、
後付ができないと聞いていて、
慌てて現場監督に連絡して。

翌日か翌々日に、その工事の方がいらっしゃいました。

で、せっかく貼られていたLDKの天井が剥がされていました(´・ω・`)

どうやら、2階の天井から3階の床下に這わせて
後付設置をしたようです。
まあ、まだ石膏ボードを貼っただけで壁紙が貼られたわけではないし、
もう一度石膏ボードを貼ればいいわけですが。

きっと、最初のネジ穴は使わなくて、
違うところにネジ穴が付けられたんだよね…と(´・ω・`)。

まあでも、これはこれで、ちょっと私にもメリットがありました。

 

もはや事件「シリーズ」

さて、ちょっと滞っている、事件の話。
もはや事件「シリーズ」と命名しても良いくらい、
まだまだあるのですよ…(´・ω・`)

お笑いのネタかと思うほどの数々を
まだまだ披露しますので、覗き見感覚でお楽しみください(自虐)
または、これから建てる方は、こんなことがある可能性があると
ちょっと頭の片隅に留めておくと、焦らず対応できるかもしれませんね。

照明事件その1

実は、LDKには5箇所、照明が付くことになっていました。

キッチンに2箇所、ダイニングに2箇所、リビングに1箇所です。
ちょっと多いのは、ダイニングに書斎部分を作ったので
その上に1箇所追加したからです。

通常はキッチンに2箇所、ダイニングとリビングに1箇所ずつ、が
工務店標準仕様です。

で、リビングの照明は、ソファを置こうと思っている上に来るように
その場所をキッチリ指定していたのでした。

ところが。

ある日、現場に行くと、すでに天井の石膏ボードが貼られ、
照明コンセント(引掛シーリング)の位置に
電機の線がヘロンと出ている状態になっていました。

その位置が、指定した場所とちがっていたので、
大工さんに、「これってこの位置ってことじゃないですよね?」と聞いたところ
「この位置ですよ〜」とのお返事_| ̄|○

ちーがーうーーーー!

指定した場所より随分窓に近く、
そんな位置に照明付ける意味あるの?くらいの場所でした。

でも、すでに石膏ボードも貼ってしまっているし、
移動も無理なのか…と諦めていたわけですが。
(当時は現場監督にチラリともお会いしなかったので、
クレームを言えば変更できることを知らなかったのです)

運良く、ちょうどその、リビング照明の部分の天井が剥がされて
線が剥き出しの状態になっていたので、
大工さんに、「これ、もうちょっと中側に移動してもらえませんかね…?」と
恐る恐る申し出たところ、「良いですよ〜」とやってくれました!

ああ、日頃のお茶コミュニケーションが功を奏した!(´;ω;`)
と思いました。

そんなこんなで、梁の関係で、
本当に付けて欲しかった位置までは動かなかったのですが
かろうじて30〜40センチは動き、
まあ、許容範囲という状態になりました。

正直、ホッとしました。
前のままだったら、多分照明付けなかったかも、くらい
ダメダメな位置だったので。

そんなこんなで、ガスコンセント事件は
マイナス部分も大きかったのですが、
逆にプラスにころんだ部分もありました。

プラマイゼロには、なってませんけどね!(●`ε´●)

そして、事件はまだまだ続きます…

 

************************************
ブログ村に参加しています。 よろしければクリック応援お願いします!
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建住宅(施主)へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です