キッチン, 建築中, 水回り

GW突入ですね&事件シリーズ第7弾、オプション水栓事件

Pocket

世間はGWに入りましたね。
京都はとても良い行楽日和です。
でも片付けが全く進んでいないので、
今日も明日も明後日も、連休中は片付けです(´・ω・`)

数えるのもイヤになってきた、引っ越しから-14日…

事件シリーズ

建築中に起こった様々なトラブルを
◯◯事件として書き進めて来ましたが、
改めて数えてみたら、既に6件も書いていました(´・ω・`)

第1弾はフローリング間違い事件

第2弾はガス床暖房事件

第3弾はガスコンセント事件

第4弾は3階テラス水道未設置事件

第5弾はトイレ手洗い器水栓未設置事件

第6弾は1階ドア間違い事件~からの、2階ドア間違い事件

ありすぎでしょ!!ヽ(`Д´)ノプンプン

でも、まだまだ続くんですよ…(◞‸◟)

ということで、続きを書いていきたいと思います。
早く書かないと、Web内覧に突入できないので~。

 

 

第7弾 オプション水栓事件

さて、第7弾はオプション水栓の話しです。

オプション水栓って何?と思われる方、多いですよね。

 

熱帯魚用浄水器

実は、私は熱帯魚を買っています。
もうだいぶ少なくなり、海水などはやめて、
とうとう引っ越し直前には淡水水槽1本まで減らしました。
が、やはりお魚はとても癒やしてくれるので、まだ10匹くらいいます。
水槽&お魚はまた紹介しますが。

で、熱帯魚を飼うと、水換えというのが必要になりまして。
それを如何に効率よく、時短でできるか、を常に考えておりまして。
ようはどれだけ手を抜けるか、ですね(^_^;)

熱帯魚飼育で絶対に必要なのは、換水時の温度管理と塩素除去です。
通常は、給湯器で温水が出るところで適温のお水をバケツなどで汲み、
塩素除去の薬剤を入れて中和して、水槽にお水を入れるのですが。
これを効率よくやるために、私はマーフィードというメーカーの、熱帯魚換水用浄水器を使っています。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

観賞魚用浄水器 スタンダード・ネオ 沖縄別途送料 関東当日便
価格:12150円(税込、送料無料) (2018/4/28時点)

 

こんなヤツです。これを通すと、塩素や鉄さびや細菌などを除去してくれるのです。
これを使えば、あとは温度管理。ということで、温水が出る水道にこの浄水器をつなげて
温水をこれに通し、ホースで水槽まで持っていくことで、1回で換水ができるようにしています。

それを新居でもやりたいわけですが、水槽はリビングにありますし、
キッチンも近くなったので、キッチンの水栓にこの浄水器を設置して換水をしてしまおうと考えたわけです。

ところが、1つ問題がありまして。

これをつなげるために、ホースをつなげる必要があり、それにはこんな感じの
ホース接続のニップルを付ける必要があります。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

タカギ メタルカクマル蛇口ニップル (2年間メーカー保証)
価格:1080円(税込、送料別) (2018/4/28時点)

でもこのタイプ、いわゆるキッチンに付いている水栓には付けられないのです。
昔ながらの細い水道の蛇口が必要です。

ということで、最初からそれを設置すべく、打合せの段階で依頼していました。

オプション水栓

それがオプション水栓なのですが。

ようするに、キッチンに、通常の水栓とは別に、もう1本水栓を立てるオプションを依頼したということです。
つまり、キッチンシンクに水栓が2本になること。
これって、ショールームでもこんな感じに、意外といくつも出ていました。

なので、このイメージで、浄水器用の水栓を設置しようと考えたわけです。

で、それを打ち合わせ時に伝えて、「できますよ~、別料金になりますが」と言われたのです。
ということで、LIXILのショールームでもそれを伝え、
シンクの左側に水栓用の穴を開けてくれるように依頼しました。

なぜ、LIXILで水栓まで依頼しなかったかというと、
ホースニップルが付けられるような水栓を扱っていなかったからです。
ということで、穴だけ開けてもらい、水栓は自分で用意し、
それを設置してもらうことにしたのでした。

で、キッチン搬入時、確認したら、無事穴は開いていました。

水栓を自分で探す

ということで、(1)混合水栓で、(2)シングルレバーで、(3)キッチンに設置してもおかしくないおしゃれさで
(4)開けてもらった穴に設置できるものを必死に探しました。

キッチンの主水栓は↑上のショールームの写真の左側にあるような、グースネックタイプの自動水栓にしたので、
できればグースネックかスワンネックが統一感が保てて良いなあと思い、それを探しまくりました。
で、結局候補は(おそらく)中国製の安くておしゃれなタイプか、ようやく見つけたPanasonicのスワンネックの2点。
当初はamazonで見つけた、これがおしゃれで安くて第一候補だったのですが、

どうも評判がよくないので、数年で水漏れしても困るし、サビが出ても困るので、
結局、ちょっと小さいけれどシンプルな、Panasonicのスワンネックのものにしました。

 

これを探して決定するまで、これでいけるかという質問を工務店に投げかけて返事をもらうのにもいちいち時間がかかり、
2週間ぐらいかかりました。

トラブルは工務店

では、何がトラブルだったかと言うと。
ココは熱帯魚用水栓なので、お湯がでないといけないのですが、
私は熱帯魚用浄水器なので、混合水栓でとお願いしていたのに
「浄水器」しか耳に入らなかったようで、単水栓用になっていたのです(◞‸◟)

取り付けにきた水道屋さんに、「え?浄水器用ですよね?単水栓ですよね」と言われ、
「いやいやいやいや、混合水栓で依頼しました!」と言うと
「えっ?お湯の線、来てないですよ…。」と言われ。「えええええ!?}Σ(゚Д゚)

すると、
「右側の主水栓から分岐させて、なんとかつなげます、でも主水栓で止まったらこちらも止まります」と言われました。

まあでも、混合水栓にならないとダメなので、それでお願いしました。

で、無事取り付けができました。。ε-(´∀`*)ホッ
こんな感じになりました~。

右が主水栓の自動水栓、グースネック、左が熱帯魚用混合水栓、スワンネック。
このPanasonicのスワンネック混合水栓は、実は洗面台用だそうです。
なのでちょっと小さいのですが。付けられるということでしたし、
普段使うものではないのでまあ良いかと付けてみましたが
全然違和感ありませんでしたヽ(=´▽`=)ノ

とりあえず、今回も未遂で終わった事件でしたが、いつも心臓に悪い…(´・ω・`)

ということで、第7弾の事件でした。

まだ、続きます…(´・ω・`)

************************************
ブログ村に参加しています。 よろしければクリック応援お願いします!
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建住宅(施主)へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です