外構, 建築中

事件シリーズ第12弾 外構1 機能門柱とステップ編

Pocket

今日の京都は雨降りです。時折激しく降ったりしていますが、
午前中は仕事に行き、午後は粗大ごみの持ち込みをしに行きました。
今日の粗大ごみは、灯油ストーブ、もう使わないスーツケース、断舎離した食器、
もう使わない布団10枚近く、サイズが合わなかったアーチ(バラ用)、
古いスイレン鉢、大量のハンガー類などなど。

総重量130キロになりました。100キロを超えてしまったので2500円。
もう一回は行くと思いますが、まあ度々行くのは面倒&
早く家の中から出さないと片付かないので、仕方がないですね。

でもGWの片付けの成果です。
リビングはダンボールあと2個です!
3階は…1部屋まるまる残っていますが(゚-゚;)

引っ越しから25日。
30日は超えないぞ!!

外構は家の顔

さて、事件シリーズも12弾まで来ました(^_^;)
今回は外構編ということですが。

外構とは、門や庭など、外回り全般のことを指しています。

外構は、家の顔とも言われますね。
お家がステキに建っても、外構がダメだと本当に残念な感じになります。
おしゃれなお家は外構もおしゃれ。これ、鉄則です。
逆にお家が程々でも、外構がステキだと二割増し?三割増?くらいでよく見えます(笑)

そして、外構はとても高いです。
100万超えとかも普通ですよね。
でも、やはり家の顔になる部分、なるべくなら整えたいものです。

建売住宅の外構の基本セット

ウチは注文住宅ではなく、建売住宅なので、一応基本的な外構までは含まれています。
でも、基本的な外構って、要するに車庫と家の回りをコンクリを打つというだけのものです。
あとは、機能門柱という、門灯とポストとインターホンと表札が1本の柱に付けられたヤツを取り付けるというだけのものでした。
あ、一応、基本的な玄関のステップ(1段)はありました。

さて、ウチの場合。ウチは狭小住宅なので、敷地ギッチギチに家が建っています。
でも、一応、境界線ギリギリまで建っているわけではないですから(京都なので建っていますが(笑)
微妙に家の回りに余りの土地があるわけです。そこはコンクリを打ちます、と言われ、

ちょっと待ったぁぁぁ!!!チョットΣ(っ`・Д・´)っマッタ!!

家の玄関の回りまでコンクリを打たれちゃ、残念な家になっちゃうじゃあないですか!!!

ということで、外構はいじります!という宣言をしました。

それより何より、機能門柱の位置が問題だった

でも、そんなことより、もっと重大な落とし穴があることに
建て進むうちに気付きました。(ノω-;)頭イタァ…

ウチは、何度も書いていますが、狭小住宅なので、玄関のステップ下りたら道路です。
門も目隠しも何もありません、というか、付けられません。
でも一応、ポストやインターフォンは必要なので、
全部を1つにまとめた機能門柱が1本、立てられることになっていました。

最後の、電気関係の打合せの際、その機能門柱の位置を確認されました。
そんなことは言われていなかったので、その時まで考えておらず、
工務店の方に勧められるまま、玄関左側の洋室前あたりに設置することになりました。

なぜそれに違和感を感じなかったかというと。

工事中、足場が組まれていて、玄関だけが開けてあります。
その玄関は前の道路の正面なので、玄関の前の土のところに金属板をステップ代わりに置き、
正面から出入りしていました。
最初からその状態だったので、ウッカリその状態でステップが付くのだろうと思っていたのです。

が、ある時、図面をよく見たら、右横に何やら嫌な予感がする線を発見…。

ま、まさかっ!ここがステップとか!?

かなりあり得ないとは思いました。なぜなら、玄関の右角には柱が建っていて、
どう考えても正面より右側の方が狭いのです。
真正面1歩で道路なのに、何故わざわざ右に回る?

ということで、懇意になっていた、建築してくれた大工さんに図面を見せて聞いてみると…
あ~、ここにステップってことでしょうね、と。

エエエええええ!?Σ(゚Д゚)

だって、工務店の打合せの人が、反対側の玄関向かって左にインターフォン付き機能門柱を勧めたんですよ?
左でピンポン押してぐるっと右に回り込んで上がるの?あり得ないでしょ、それ。

ピンポンダッシュかっっっっ!!コントじゃないんだから!!!ヽ(`Д´)ノプンプン

でも、打ち合わせ後は一切変更できませんとか言われたし。
仕方がないので、全く違う外構業者に相談。
門柱を右側に持ってきて、正面にステップを造るという形で見積まで出してもらいました。(;´д`)トホホ…

ピンポンダッシュを訴える

さて、ようやく外構打合せができるようになった3月上旬、
まず最初に訴えたのは、ピンポンダッシュをどうにかしてほしいこと。

左でピンポンして右に回ってステップ上がって90度曲がって玄関って、この間取りでおかしいでしょ!!と言うと
「あ~そうですねえ~、あ~本当にここにステップになってますねえ、
でもここのステップ、無理ですわ」

は?(@_@;)

よくわからないのですが、そこにはステップが付けられないとのこと。
で、じゃあ、正面にステップ付けてください!この段差でステップないのはありえないでしょ?というと
はいはい、とスンナリ通りました。逆にビックリ。悩んだ私の時間を返して…(;´д`)トホホ…

で、機能門柱に話を移しました。

ステップが正面に来るならまあ、最悪左側に機能門柱があっても良いけれど、
この柱の前が一番邪魔にならずにありがたいのだけれど、
ココに設置してくれませんか、と。

すると、「それは無理です」との返事。

え~~~~~他の外構屋さんはできると言ったのに?と思ったら、
こんなことを言い出しました。
「ココに付く機能門柱のポストが奥行きがあるタイプなんですよ。だからこの幅では無理です。」

よくよく聞いてみたら、こんなタイプの機能門柱になるとのこと。

ええ?なんでココだけこんな可愛いものが付くの?
家のイメージにあわなくない?

私はモデルハウスで使われていたシンプルなこういうタイプが付くのだと思っていたのです。

どう考えても2番めのほうがスッキリするし、柱の前のデッドスペースに付けられるし、
その方がありがたいんですけど…
でもまあ、付けられないと言うなら仕方がない、と諦めたところ。

翌日、現場監督から、2番目のも選択できます!それならなんとか柱の前に付けられます!と連絡がありました。

もう2つ返事で「そうしてください!!」と返事をし。

ようやくステップと機能門柱問題がクリアされたのでした。
普通の機能門柱ですが。まさに建売って感じの機能門柱ですが。
良いんです!狭小住宅、土地を有効に使わないと!!
しかも、家の雰囲気と合わない機能門柱が玄関前にドンッ!と付くより千倍マシです!!
しかもこれが右に行ったことで、左に花壇が広く設置できたのです。
良かった~ヽ(=´▽`=)ノ

この事件も2週間位、めちゃ心臓に悪かったです。
事件シリーズの3本の指に入る2つ目の事件でした。(一つ目は前回のビルトインオーブンレンジ)

外構話しはもう少し続くので、一旦切ります~。

************************************
ブログ村に参加しています。 よろしければクリック応援お願いします!
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建住宅(施主)へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です