お風呂・洗面・トイレ, 建築中, 玄関

事件シリーズ 第15弾 洗面所のドア編

Pocket

今週も週末になってしまいました。
時間が経つのが本当に早いです。
そして、毎日帰宅後に片付けをしているので疲労困憊です。

でもダンボールはあと3個になりました。
あまり進まないのは、もう細かい雑多なものを入れているダンボールになっているからです。
そういうものって、捨てるのに悩みますよね…。

でもあと少し!ガンバリマス!!

引っ越しから27日目。そろそろ仕事に集中しないとまずいです…(>-<)

事件シリーズ 最大の事件

さて、今回のが、事件シリーズの中で最大にして最高に焦った案件です。
今回のは超弩級の事件ですよ。多分ワタシ的にだけでなく、
もしそんなことになったら誰でもそう感じるはず!なくらいです。
そんな大事件の始まり、始まり~(´・ω・`)(全然嬉しくない…)

 

洗面所の間取り

うちは洗面所が1階にあります。

うちは狭小住宅なので、1階には玄関ホールを挟んで左に洋室1部屋、右に洗面所とお風呂があります。その先は車庫です。
(ちなみに玄関ホール正面は階段とトイレです)

洋室の入口とトイレと洗面所のドアがホールを囲んでいる感じです。
ちなみに、洋室とトイレのドアは開き戸、洗面所のドアは引き戸です。
これは最初からそうなっていて、変更は不可でした。
私はできたら洋室のドアも引き戸にしたかったのですが、柱があるからNGと言われて諦めました。
↑ココ、ちょっと覚えておいてください。

そんなこんなで3枚のドアに囲まれるはずの玄関ホールでしたが。
洋室ドア間違いにより、なかなかドアが付かず、
またトイレや洗面所は設備を入れなければならないためか、最後の最後でドアが付けられました。
ということで、しばらくどのドアも付けられなかったので、
そこに問題があることに気が付かなかったのです。

ちなみに、洋室ドア間違い事件はこちらです。

 

洗面所のドアが、ない!!Σ(゚Д゚)

さて、最後の方でようやく洋室にも正しいドアが付き、
トイレにもドアが付き、一安心。
引き渡しまであと2~3日という頃。
外構の進捗状況をチェックしがてら、少し相談をするために現場に行くと。

お掃除の人が入っていました。

お~もう、お掃除の時期なんだ。まあ、引き渡しまであと2~3日だもんね、と思いつつ、
なんとなく違和感を感じて、1階に戻ってよくよく見てみると。

洗面所にドアがありません!!!(@_@;)

ちょっ!ちょっと待て!!

ドキドキする心を押えながら、再度確認。

…やっぱりない。
綺麗に枠があるだけで、引き戸のレールもないし(うちは引き戸は全部上吊り)、
玄関側はシューズラックが壁にピッタリ取り付けられており、
洗面所側には洗面台が壁にピッタリ付けられています。

ドアが入る隙間がまったくない…。ポポポポポ( ゚д゚)゚д゚)゚д゚)゚д゚)゚д゚)ポカーン…

洗面所は、玄関入ってすぐ斜め右前。玄関から丸見えです。

そして、洗面所の奥はお風呂。
洗面所にドアがなければ、お風呂も丸見えです。

いくら一人暮らしとは言え、時には両親やらお客様やらがいらっしゃるわけで、
お風呂が玄関から丸見えって、それ、お風呂から出てきた時に誰かが帰ってきたりしたら
全裸で丸見えじゃないですかっっっっ!!!

あーりーえーなーいーでーしょーーー!!!ヽ(`Д´)ノプンプン

その時、設計者がいた

ものすごく慌てながら、携帯に保存していた図面を確認していた時でした。

ふと、ロマンスグレーのオジサマが入ってこられました。
ん?初めて見る人だ。何かの業者の人?
まだ間違えられたドアが置きっぱなしだし、建具屋やさん?

などと思い、「失礼ですが、建具屋さんですか?」と声をかけてみると。

「設計士です」とのお答え。(@_@;)

ウチは基本建売なので、設計は既に終わっていましたし、
設計士さんにも設計事務所の方にも、初めてお愛したのでした。
図面上で名前だけは拝見していたのですが~。

設計士さんが何師に来たのかと言うと。
建築が終わったら、検査済証を発行してもらわないといけません。
これを銀行に提出しないといけないので、融資実行の前日までに入手する必要があり、
建築終了時期がギリギリだったウチは、これをなんとか出してもらわないと銀行の融資が受けられないのでヒヤヒヤもので
何度も不動産屋さんに確認&要求しました。

で、その検査済証をもらうために、終了検査をしたわけです。
つまり、建物が申請と同じように建てられたか、という検査ですね。
そのために、図面を引いた建築士さんが来られた、ということでした。

 

建築士に訴える

そうとは知らないワタクシ、建築士と聞くやいなや、

洗面所にドアがないんです!!!

と訴えました。すると、建築士さん、

建築士
ちょっと待ってください、図面を取ってきます

と、車に戻られ、図面を持ってこられて、眺めて、その場所を眺めて、を繰り返し。

建築士
…図面上では付いていますねえ…

ですよね!!どうしたら良いのでしょう!!

と訴えると、
建築士
付く場所もないですねえ…。
一番簡単なのは、開き戸を付けることですが…。

えっっっっ?開き戸、付けられるんですか?

でも確かに。綺麗に枠だけあるんですよ。こんな風にね…(((((;Д;)トホホ

建築士
まあ、この枠の両端が柱なので、その奥に引き戸が付くんですけどね。
洗面台がピッタリ付いちゃってるし、この枠にドアを付けたら簡単だけど…。
ドアを付けないというわけにもいかないだろうしねえ…

ええ、ええ、そうでしょうとも。ドアを付けないなんてありえませんよ。

で、現場監督に電話すると、「確認します」と言って1日連絡ナシでした。

ちなみに、アレコレ事件シリーズのことを建築士さんに話すと、
建築士さん、がポツリと一言。

建築士
明るく言われるのでまだまあ良いのですが、
全部ネガティブに捉える施主様もおられますからね…
なんというか、ありがとうございます

いや、私も結構怒ってますけどね(;´д`)トホホ…
まあでもココまでありすぎたら、訴訟とか言い出す人はいるでしょうねえ。と思わずにはいられませんでした。

 

 

そして、トホホな回答

翌日、現場監督から回答がありました。

「建材屋の部品が足りずに、引き戸のレールが取り付けられないまま、大工仕事が一旦終わり、
ドアも届いていないので、後から取り付けようと思ったら、
日程が短縮されたので、先に洗面台を取り付ける設備屋さんが来て、
レールもドアもなかったので、壁に洗面台をピッタリ取り付けたのです。

その足りない部品は明後日までには届くので、一旦洗面台を外して、
レールとドアを取り付けてから、洗面台を再度取り付けますので、ご安心ください。」

って、ご安心くださいじゃないよ~~~!ヽ(`Д´)ノプンプン

洗面台をずらすゆとりもありますから大丈夫とか言われましたが。
どうせまた裏とか下に穴が開いていたりするんでしょうね(;´д`)トホホ…

ということで、これ↓が

こう↓なりました。

洗面所の外側、玄関ホールからドアを閉めてみると、こんな感じです。

最初は、この引っ込んだ感じに違和感がありましたが、
もう今となっては見慣れてしまいました(´д`ι)

まあでも、とりあえずドアが付いてよかった…。
お風呂入る度にドキドキしないで済んでよかった…。
本当に、本当に、よかった…(´;ω;`)ウッ…

ということで、事件シリーズ最大の事件でした。

後少しだけ、続きます。

************************************
ブログ村に参加しています。 よろしければクリック応援お願いします!
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建住宅(施主)へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です