1階, Web内覧

Web内覧 11 1階洋室2

Pocket

1階の洋室を紹介し始めて、他の話題に移行していたので
Web内覧がちょっと間があいてしまいました。
気を取り直して、Web内覧の続きを。

おさらい

1階間取りのおさらいから。

玄関入って左に洋室があります。
前回からここのWeb内覧です。
前回分はこちら↓

1階の他のWeb内覧は右側のカテゴリーのWeb内覧からどうぞ→

 

なかなか全体を撮ることができないので、奥から窓側を見た感じを最初に。

写真の左側のウォールナット色の部分がドア。
窓は西に掃出し窓、北に腰窓があります。
何の変哲もない窓ですが、
西側は道路、北側は平屋で少し離れているので、遮るものがほとんどなく、
北側の部屋なのですが、1日とても明るい部屋になっています。

窓はどちらもすりガラス仕様で、外は見えません。
なので、すぐ道路でも全然ひと目が気になりません。
でも日差しは遮らないので、良い感じです。

床&壁

1Fの床は、洗面所を除いてすべて同じ、Panasonicのアーキスペック石目調のホワイトオニックスです。
でも一番面積が広いのはこの洋室なので、入居前は特に、その雰囲気がよくわかります。

壁も洗面所を除いてすべて同じ、サンゲツのSP-2147です。
アクセントクロスはあえて使いませんでした。
というのも、この部屋は家具がたくさん入るので、箱は極シンプルにしたかったのです。

おかげで、部屋自体はとてもシンプルに仕上がりました。

 

長押(なげし)

長押(なげし)とは、和室の壁の上の方に回して付けられているものです。
和室用のものなので、普通は洋室には付けないものなのですが、
私は旧居で長押に楽器を掛けていました。
非常に使い勝手が良いので、洋室にも付けてくれるよう、
建築当初から依頼していたのですが、和室のものだから、洋室には合わないと言って
なかなか付けてくれなかったのですが。
何度も繰り返しお願いして、白い板で作ってもらいました。

どれのことだかわかりかすか?

ここです。これ、窓とドアと換気扇&エアコン設置予定場所を除いて、
部屋1周付けてもらいました。

白の壁紙に白の板で回してあるので、それほど目立ちません。
が、これがあるのとないのでは大違い。
このおかげで大変助かっています。

 

クローゼット

クローゼットの扉は白。部屋の中はドアを除いてすべて白です。
おかげで天井近くまであっても、圧迫感がありません。良い選択でした~。(*^^*)

このクローゼット、実は階段下収納です。

2/3くらい、階段下が出ています。
おかげで棚も設置できなかったのですが。
この階段終わりのところと反対の壁の間にポールを付けてほしいと依頼したのに
引き渡し時には付いていませんでした。
ということで、クレームを入れて、付けてもらいました。


クローゼットの中の床材は部屋と同じ、壁紙も部屋と同じです。
ってことで、開けても部屋の延長ですが、残念ながら荷物ギッチギチです(^_^;)

残念だった点

この部屋も、仕上がりはとても気に入っています。
次回は入居後のWeb内覧をしますが、入居した現在も、
この部屋もとてもお気に入りですし、いろいろな方にビックリされる部屋になっています。
でも、残念なところがほんの少しあるので、それを紹介。

これは図面上は載っていなかったし、設計上仕方がないものなのですが。
第一に、天井に梁が出て、それに合わせて、1/4くらい、天井が低くなっています。
つまり、天井が平らではありません。

ここです。梁分なので、だいたい10センチくらいでしょうか。
ただ、梁1本が出ているのではなく、そこから窓まで同じ高さなので、
実際に見るとほとんど気になりません。
というか、これ書くまで忘れていました(^_^;)。
人も自分も、部屋の天井をマジマジと見ることはほとんどないのですよね。
色が変わっているわけでもないので、ほとんど目立ちません。
まあ、これはこれで。

もう1点は、配管です。
この部屋の上はキッチンで、システムキッチンの配管がこの部屋に出てしまったのです。
図面には書いていなかったので結構ショックでした。(/_;)

この奥まったところの隅と、そこから天井に伸びた部分に、配管が出てしまいました。
ここには本棚を置こうと思っていたので、奥の壁ぴったりに置けなくなりました(>-<)
しかも、キッチンで水を流すと結構響きます(TOT)
ただし、私は基本的に一人暮らしなので、ここでお客様と一緒にいる時は
キッチンを使うことはまずないので、それほど大きな問題ではありません。
ただ、家族が来ていてキッチンを使うと音がします…。まだほとんどありませんが。

ということで、この配管は結構残念です。
クローゼットの中を通せなかったのかなあ…。
それなら扉がある分、もうちょっとマシだっただろうに…。

建売、でも注文住宅的

まあでも、全体的にはとても気に入る部屋に仕上がりました。
何度も言いますが、うちは建売です。
が、早めに購入したので、いろいろな選択ができたため、
家の中の雰囲気は完全に注文住宅です。建売らしさはほぼありません。
もちろん、この部屋も、間取りはともかく、建売では出せない味になっていると思います。
まあ、差額オプション代を払っているので、当然といえば当然ですが、
でもこの部屋に限っていえば、オプションは床材と床暖房、ドアだけです。


(床暖房は見えないので、見た目は床材&ドアだけですね)
壁紙は、標準の壁紙の中から選んでいますので、差額ゼロです。
でもこれ、もし壁紙も床材もドアも選べず普通に工務店が選んだものが付いていたら、
普通の建売の雰囲気の部屋になっていたはずです。
床材はたまにオプションのものがついていますが、ドアはほぼ間違いなく標準のものだったでしょう。
オプションじゃない壁紙もクローゼットドアも、色合いや雰囲気はこういう感じにはならないと思います。

自分で選択し、自分ならではの家に仕上げることができて、本当にラッキーでした。

建売の早期購入、超オススメです!

では、次回、入居後Web内覧します!

 

************************************
ブログ村に参加しています。 よろしければクリック応援お願いします!
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建住宅(施主)へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です