Web内覧, 階段

Web内覧 17 1階 階段3

Pocket

連日38度超え。
エアコンが効いているのに、室内に置いてあるチョコレートが溶ける京都です。
階段拭き掃除をするだけで汗ダラダラです…(´・ω・`)。

さて、1階階段のWeb内覧の続きを~。

おさらいは…長くなるので、→のカテゴリーからWeb内覧を御覧ください(苦笑)
間取りだけ、載せておきます。

階段の形状

さて、うちの1階の階段は、長いコの字の形状です。
最初に2段ほど上がったところから回転が始まり、

3段で回転して、あとは直線に登っていきますが、
最後にまた回転して、2階に入ります。

で、この↑の写真を見ていただくとわかるように、
最後の3段で回転したら、階段ホールや踊り場などはなく、直でドアなのです。
つまり、階段を登りつつ、直前で止まってドアを開けないといけないという形状です。
春の陽気が良い時期は開けっ放しにしていたりしましたが、
こう暑くなってきてエアコンを付け始めたら閉めることが増えました。
ということで、↑の写真も、ドアを閉めた状態で写っています。(*^^*)

旧居ではこの場所にもホールがあったので、どうなることかとちょっと心配しましたが、
使い勝手的には慣れれば全然大丈夫でした。
ただ、外出から帰宅して、買い物などで両手がふさがっていると、ちょい面倒ではあります。
でも、たとえここにホールがあっても、開ける手間は一緒なので、
例えば両手がふさがっている場合、
一段下で、階段に荷物を置いてドアを開けるという動作になり、
そうすると左側は回転段らしく狭くて置けないので、
右側の荷物を降ろさないとダメ、という成約はあります。
まあでも全ては慣れですね。今は全然問題ありません。

頭を悩ませた階段と2階のフローリングの色合わせ

私にとっての問題は、階段の形状ではなく、
階段と2階のフローリングの床材との色合わせでした。

なぜなら、階段の最終段が2階のフロアと直結しているからです。
ドアが閉まっているときには気になりませんが、
ドアが開いている場合、ここの色合わせが極端に違うと、めちゃ目立つんです。
打ち合わせ直前にふとそれに気付いた私、いろいろと検索した結果、
下手するとこういうことになる、という事例の写真を発見…。

このツートンカラーの色合わせ、ワタクシ的には本当にありえません…。(>-<)

実は、本当の初期のころは、スタイリッシュモダンを想定して
こんな雰囲気で、踏み板をウォールナットにしようとしていたのですが、

2階のフローリングをウォールナットにする気はまったくなかったので、
これをやめて、2階のフローリングと近い、ホワイトオークにしたというわけです。

不動産屋さんや現場監督には、ドアを閉めたらそんなに気になりませんよと言われましたが、
いやいやいやいや、絶対に気になりますって!!
もし踏み板をウォールナットにしていたら、2階に入るところでウォールナットから急に白っぽくなるのですよ。
2枚上の写真よりもっとひどいことになってました…。トホホ(´・_・`)・・・(´._.`)
ドアを開けっ放しにしていたら、もう目立つことこの上ないという感じだったと思います。

ちなみに、この件はずいぶん悩んで、Panasonicのショールームに、これだけのために足を運びましたよ。
で、こんな感じでいろいろ色合わせをして、どれがマシかをずいぶん検討しました。

↑の写真は、最終的に選んだリビングの床材と、階段の踏み板、ドアの組み合わせを見たもの。
小さい板が踏み板サンプルで、左がホワイトオーク、右がウォールナット、
奥の黒っぽいのがウォールナット色のドアサンプルです。
もし踏み板をウォールナットにしていたら、右側の板の色から下のフローリング色に変わるわけです。
同じ高さで続いているのに完全ツートンカラー………ありえませんって。٩(๑`^´๑)۶

おかげで、現在、多少の色の差はあるものの、言わなければ気付かない程度になっています。
そういう意味でも、この階段は純粋な真っ白ホワイトではなく、ホワイトオークでよっかったと思います。
ちなみに、この階段踏み板のホワイトオークと色が一番合ったのは、1本溝タイプのホワイトオークでした。

まあ、ホワイトオーク同士だし、当然といえば当然ですね。
で、ずいぶん迷ったのですよ~。この辺の話は、またリビングのWeb内覧のときにでも。

まあ、ということで、階段の踏み板はホワイトオークにして正解だったというわけです。
ちなみに、建て終わった我が家の現在の階段、ドアが閉めてあるとこんな感じで、

現在の踏み板とリビングのフローリングの境はこんな感じです。
ちなみにドアは引き戸ですが、上吊りなので、下にレールはありません(*^^*)

この写真で見ると、ホワイトオークは明るいところと暗いところの見え方の差が激しいので、
一番上の段はちょっと明る過ぎに写っているので、フローリングとの差がはっきり見えますが、
実際はココまではっきりとはしていない&幅がそれほどないので、
言われればまあ気付くという程度になっていると思いたいです~ε-(´∀`*)ホッ

ということで、スミマセン、長くなってしまったので、あと1回だけ、次回に続きます。
次回は絶対に終了します~m(_ _)m

************************************
ブログ村に参加しています。 よろしければクリック応援お願いします!
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建住宅(施主)へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です