Web内覧, 照明, 階段

Web内覧 18 1階階段 4

Pocket

見てください、この写真!
昨日の昼間、車の外気計が40度になっていましたよ(>-<)

連日すごい暑さです。
京都は毎年暑いけれど、今年は大雨でヒヤヒヤした上、梅雨明けが早く連日猛暑日…。
勘弁してほしい…(>-<)

階段の照明器具

さて、1階階段のWeb内覧、本当に今回で終わりにします。
最後の話題は照明器具です。

階段照明は、最初は選択できず、場所もわからず、すべて電気工事屋さん次第で、
四角いプラスチックの照明が付きます、と言われていました。

たぶん、こんな感じだったのでしょうね〜。

でも、どうしてもそのダサ加減(すみません)に納得がいかなかった私、
現場監督に直談判して、自分の好きな照明器具をつけさせてもらうことにしました。

で、購入したのがこちら。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【正規品】【在庫一掃SALE】Biscottiオリジナル ウォールランプDY-1611S
価格:10660円(税込、送料無料) (2018/7/18時点)

 

外用の照明器具なので、デカイです(*_*;。
でもプラスチックより断然マシ。
ここの壁紙は、前回紹介したように、石組み調と蔦柄なので、
外のイメージだし!と無理やりこじつけて、これを設置してもらいました。

しかも、当初、場所がこんな感じで、結構下の方で、

この大きな照明をつけるとモノやら大きい人だと頭やらをぶつけそうだったので、
途中でギリギリ天井近くに設置してくれるように頼みました。

で、付いた感じがこちら。天井ギリギリになりました~。

うん、デカっっ!!そして外って感じですねw。ちなみにわかると思いますが、これは夜の写真。
照明の明かりで照らされて、2種類の壁紙の様子がよくわかりますね。

で、朝の写真はこちら。


このアンティークシルバーの色具合とか、アンティーク調の気泡入りガラスとか
めちゃくちゃ好みで、大満足です!デカくてもいいの!!
絶対にプラスチックの四角いヤツより雰囲気が良いと思います。自己満足でも良いんです!(笑)

ちなみに、この窓は東側なので、隣の家が本当に近いのですが、
2階なので朝日がしっかり入ります。こんな小さな窓でもものすごく明るいです。

ってことで、階段も、とても好きなスペースになっています。(*^^*)

 

階段途中の足元照明

実は、階段の途中というか、玄関の突き当りの壁、
つまりアクセントクロスを貼った面に、オプションで足元照明のためのコンセントを付けました。
これです↓

 

ここに、このハンディホーム保安灯を差し込んで使います。
その保安灯は、コンセントから外すと非常灯となり、
懐中電灯代わり使用することができる、という代物なのです。
一応明暗センサーが付いているので、
明るいときは点灯せず、暗くなると点灯します。
つまり、玄関ホールや階段の照明が点いたら、この足元灯は消え、
逆にそれらが消えたら、このライトが点く、という状態になっています。

 

取り付けたコンセントはこんな感じ、保安灯は外すとこんな感じで非常灯になります。
コンセントに挿してあるときは電球色で、外して非常灯になると昼白色になります。不思議。

なぜこんなところにこんなコンセントを付けたか、というと、
最大の理由は、暗いときにアクセントクロスを照らして、クロスをぼんやりと浮かび上がらせたかったからです(笑)

もうちょっと上の方までアクセントクロスを照らしてくれたら100点満点だったのだけれど~。
足元灯だから仕方がないか~。

もう1つの理由は、電球。
階段照明には、玄関ホールのように、スイッチでの人感センサーではなく、
LED電球での人感センサーにしました。
しかも、階段照明のすぐ横がリビングというかキッチンなので、
この電球をレーザーセンサー球にすると、反応しすぎて面倒、ということで、
普通の赤外線センサー付き電球にしたのです。

で、この普通の赤外線センサー球は、残念ながら精度があまりよくなくて、
特に暑いときには反応しづらくなり、かなり近づかないと点かなくなります。
旧居で使っていたときも、それこそ故障かと思って、メーカーに電話をかけたくらいです。
で、つまり、夏場はあと数段で2階に到達、というところまで行かないと点かないのですが、
スイッチを操作するのはイヤなので、電球が反応せず暗くても足元が見えなくならないように灯を付けて、
それがアクセントクロスを灯してくれるなら一石二鳥じゃない?ということで、
玄関ホール突き当りの壁(アクセントクロス)の下方に、コンセント&保安灯を付けた、というわけです。

まあ、人が動いている時点で、2階近くなら階段照明が、
1階なら玄関ホールの照明が点くので、その時点で足元灯は消え、全然意味がないのですが(*_*;
それでも時折アクセントクロスをぼんやり照らしてくれたり、
非常灯になるなら、まあ良いんじゃない?ってことで、つけっぱなしにしてあります。
まあ、非常灯として役立つことがない状況を、より望んでいますけれどね。┐(´д`)┌

で、こんな感じです。必要ないときは主張しない、良い仕事してます(笑)

 

発見!

この記事を書くために、この階段途中のコンセントから保安灯を抜いて、写真を撮って、
もう一度取り付けて、ちゃんと点くかを確認していて気が付きました。

これ、この順当な向きに差し込んでいるから、順当に下を照らしているのでは?と。

この保安灯は、写真のように、上にはセンサー部分があって、下がライトになっているのです。
普通にコンセントに挿せば、上はセンサーなので明るくならず、下のライトが点くので、
足元灯として、当然下が照らされるわけですね。
そして、下しか照らしてくれないので、それだと、アクセントクロスも、
なんとなくぼんやりとしか明るく見えなかったのですが。

このコンセント、中に2つ、差込口があるのです。
じゃあ、上下逆に差し込めばいいのでは?
保安灯自体は形がピッタリなのだから、差し込めるんじゃない?と、
まさにこのタイミングで気が付き。

やってみました。

できた!!!うまいこといった!!!ヽ(≧∇≦)ノ
これですよ、これ。これがやりたかったの~~~~~!!!
ようやく、当初の目的通り、上を照らして、アクセントクロスをぼんやりと浮かび上がらせてくれるようになりました!
大満足!!

ということで、長々と1階の階段を紹介してきました。(^_^;)

最後に朝日が入ってきている階段の様子を、下から見た図。

朝日って人に幸せをもたらしますね。これを見るだけで幸せな気分になります。
ということで、長らく引っ張りましたが、1階の階段部分のWeb内覧は、これで終了です。
次回からは2階のLDKに移動します~。

 

 

************************************
ブログ村に参加しています。 よろしければクリック応援お願いします!
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建住宅(施主)へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です