日常のあれこれ

Web内覧 入居後LDK リビング2 壁面利用

Pocket

*何故か、昨日アップした分が変な形になって、途中で途切れていました。
後半を修正しています。

ロンドンのかわいい&おしゃれな建物

まだロンドン滞在中です。

昨日は仕事帰りに、歩いて20分強のショッピングモールに行ってみました。
途中のラッセル・スクエア脇にある小さな出店と
向かいの赤い公衆電話の対比があまりに可愛くてパチリ。

そしてもう少し進んだ交差点。THE・ロンドンって感じ(笑)

さて、ショッピングモールは上層階がアパートになっていましたが、
それがおしゃれな感じだったので、思わずパチリ。

行った主目的はこのスーパー。突き当りにありました。
周りをぐるりと囲むように、ショッピングモール。
その奥というか上に、アパート。おしゃれ空間になっていました。

このスーパーの反対側の出口に出ると、伝統的なロンドンの風景。

対比が面白かったです〜。

 

Web内覧おさらい

さて、Web内覧の続き。
まずはおさらいの、間取りから。

入居前のリビング Web内覧はこちら↓

Web内覧 入居前リビング

リビング照明についてはこちら↓

Web内覧 入居後LDK3 リビング照明

入居後Web内覧1、テレビボードはこちら↓

Web内覧 入居後LDK6 リビング1 テレビボード


その他のWeb内覧は→カテゴリーか下のリンクからどうぞ↓

 

リビングの壁面利用

さてさて。以前にも書きましたが、ウチは角地で、
しかもその角が少し削られているので、家がカクカクしています。
階段・トイレを除いて、基本ワンフロアの我が家のLDK,
家の形に合わせてカクカクしています(^o^;

天井の梁も出ていますが、それはともかく、
リビングの突き当り近くに出っ張りがあるのがわかりますか?

正面から見るとこんな感じです。
最初、カクカクしているなあ〜と思いましたが、
こういう壁面、実は使いやすいことに気が付きました。

現在は、ここに時計とカレンダーを掛けて、インテリアの一部として使っています。

こういうことをするのに、ぴったりな上、横の壁じゃないので、
キッチンやダイニング側からよく見えるんですよ(*^^*)

時計はキッチン側と揃えました。以前は旧居で使っていた白い電波時計を付けていたのですが
文字が黒なのが気になって、もうちょっと抑えた色目にしたくて。

セイコー クロック 掛け時計 電波 アナログ 白 KX215W SEIKO

新品価格
¥4,189から
(2018/9/29 17:21時点)

これです。これ、文字盤も強調しすぎず、スッキリしていい感じです。
主張しすぎないホワイト系の掛け時計をお探しなら、オススメです!
もちろん電波時計なので、電池がなくならない限り狂いません。

私が買ったときはアマゾンの方が安かったのでアマゾンで買いましたが、
楽天でも売っています。

 

カレンダーは、ルドゥーテの絵が印刷されているもの。
こちらです。

アートプリントジャパン 2019年 ルドゥーテ(壁掛け) カレンダー vol.063 1000101000

新品価格
¥1,555から
(2018/9/29 17:27時点)


もう2019年版のリンクになっていますが(^o^;

ルドゥーテはフランスの、ナポレオンの奥さんであるジョゼフィーヌ妃お抱えの絵師で、
ジョゼフィーヌ妃が収集したバラの絵を描いたことで有名です。
バラ愛好家の中ではとても人気のある絵で、本物はアンティークでめちゃ高いので
プリントがたくさん作られているのですが、これはカレンダーになっています。

アイボリー地にルドゥーテの有名な絵がプリントされ、
下にカレンダーがある、シンプルな作りで、雰囲気を壊さずかつ
バラの絵を飾ったようになるので、バラ好きとしては外せません(笑)

私はポスターは一枚も貼ったり飾ったりしていませんが、
代わりにこのカレンダーを含め、3階にもカレンダーで少し変化を取り入れています。
でも、あくまでもシンプルに、雰囲気を壊さない、邪魔しない、
そして雰囲気に合うものを選んでいます。
ウチではだいたいバラかお花の絵か写真です。

ということで、ちょっと引きで、
この壁をリビング全体と一体になるように撮ってみると、こんな感じになります。

壁の幅が掛け時計やカレンダーにちょうど良いくらいの幅で、
しかも奥の壁からは1mくらい離れているので、テレビとも干渉せずうるさくならず
キッチンやダイニング側からは正面にあるので、よく見えて、
いい感じでお部屋にアクセントを加えてくれます。
でも壁紙は基本の白なので、圧迫感も出ず、とても使い勝手が良い感じになりました。

今はむしろ、この壁があってよかったとさえ思っています(*^^*)

この壁の手前の引っ込んだところがどうなっているのかは、
ちらっと写っていますが、また次回、お伝えしていきたいと思います〜、

 

************************************
ブログ村に参加しています。 よろしければクリック応援お願いします!
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建住宅(施主)へ
にほんブログ村